春日若宮おん祭の出待ちポイント

春日若宮おん祭のお渡り式。

その見学ポイントは数多くあります。松の下式や南大門交名の儀は言うまでもありませんが、もっとくだけた場所は無いものかと以前から思っていました。お渡りの道順に沿う道路脇もいいのですが、行き交う車やお店の看板にどうしても邪魔されがちです。そこで今年は県庁前の出発風景に的を絞ることにしました。

野太刀

お渡り式の第十番・野太刀(のだち)

やはりインパクトがあります。その長さは5.5mにも及ぶそうで、三人がかりで担ぎ上げられます。この場所は運が良ければ、至近距離で静止状態の行列を楽しむことができます。

スポンサーリンク

登大路園地の西側道路!出発前の時代行列

重要無形民俗文化財の春日若宮おん祭。

伝統ある祭礼行列に「出待ち」の言葉が適当なのかは差し置いて、いざ出陣!を思わせるシーンであることに違いはありません。出待ちのポイントは登大路園地の西側道路です。国道169号線より一本西を南北に通る道です。興福寺国宝館にも近い場所ですね。

春日若宮おん祭のお渡り式!行列解説
12月17日に催された春日若宮おん祭のお渡り式を見学して参りました。 奈良の一年を締めくくる冬の風物詩として人気のおん祭ですが、今までにも何度か足を運んだことがあります。冬空の下での行事ですので、カイロを持参するなどして防寒対策をしっ...

流鏑馬

ここです。

すぐ北に奈良県庁が見えるポイントです。道路脇の溝には板が渡され、重い御物を持って移動する行列の手助けとなっていました。ちょうど流鏑馬の的持が移動する場面ですね。

下がり藤の紋を背にする指南役が、交通整理に当たっておられました。タイミングを見て、渡し板の手前でストップが掛かります。

春日若宮おん祭の出待ちポイント

石のブロックの上に、赤いテープのようなものが巻かれています。

この間を行列が移動して行きます。移動する先は、おん祭の特別桟敷席の一つ「登大路園地桟敷席」前です。出発する行列を有料席から観覧するわけですが、併せて宝蔵院流槍術演武も見ることができるようです。

春日若宮おん祭の野太刀

道路を横断する直前で、ストップを掛けられた野太刀集団。

太い松の幹を背景に、なかなかいい写真が撮れました。

こちらは登大路園地桟敷席の前を通り抜け、いよいよ一般道へと出るシーンです。

県庁との間には黒い幕が掛かっていますね。

春日若宮おん祭

国宝館裏手で待機するお渡りの面々。

たくさんの御幣が見られました。

お渡り式準備風景

和気あいあいと会話が弾みます。

お渡り式の間は許されていないようですが、このリラックスムードがいいですね。どうやら沿道の見物人に笑顔で応じたりしてはいけないようです。もちろん、ピースサインも御法度とかで、さすがに歴史を重んじる伝統祭事であることをうかがわせます。

春日若宮おん祭の見学者

登大路園地桟敷席の方を覗き見る人たち。

黒幕が張られ、目隠しのためであることは容易に想像が付きます。しかしながら、”防御網” にしては少し高さが足りないような気がします。

登大路園地桟敷席

午前10時30分過ぎに、登大路園地桟敷席の前を通らせて頂きました。

もうすぐ立入禁止になるタイミングでしたが、偶然にも間に合いました。

登大路園地桟敷席

こちらが登大路園地桟敷席です。

11時30分から13時までの間の有料観覧席です。

実際に行列が通過するのは、11時50分頃~13時頃の予定です。簡易カイロも付いて、料金は2,000円のようです。松の下式桟敷席(北席・南席)や御旅所前桟敷席に比べると格段に安く、お求めやすい価格になっています。

春日若宮おん祭

お渡りに備え、移動する方々に付いて行きます。

誘われるように辿り着いたのが、先ほどの出待ちポイントでした。

春日若宮おん祭

出待ちポイント手前に待機する「馬長児(ばちょうのちご)」の被者。

騎馬姿の美しい少年に付き従う方々ですね。五色の短冊がヒラヒラと揺れる笹竹を手にしています。

春日若宮おん祭

頭上には龍の造り物が飾られます。

黄色い短冊に「逢ふ恋」の文字が見えますね。

春日若宮おん祭

そわそわした空気が漂います。

出発を控え、心地いい緊張感に包まれる会場。

格式高い伝統祭事でありながら、角の取れた雰囲気が楽しめる場だと思います。敢えて今回は出待ちの場所をご案内しましたが、この他にも色々あるだろうと思います。皆さんも是非、お好みのポイントを探してみて下さい。