辰のジャンボ花絵で合格祈願!昇り龍の如く

受験シーズンを控え、合格祈願の参拝客で賑わう安倍文殊院。

辰年ジャンボ花絵

干支のジャンボ花絵。

年末年始の時期になると、金閣浮御堂を背景にジャンボ花絵が描かれます。

パンジーの花で彩られた辰のジャンボ花絵が昇り龍をイメージさせ、受験生からの人気も高まります。

子年ジャンボ干支花絵!安倍文殊院
毎年恒例の安倍文殊院ジャンボ干支花絵。 来年の干支にちなんで、巨大なパンジーの花絵が描かれます。オリンピック開催年である2020年度は、十二支のトップを飾る子年です。干支の巡りもいいですね、幸先いいスタートが切れそうです! ...

スポンサーリンク

サクラ咲く!節目の勝負に挑む前に”智恵の文殊”にお参り

人生の節目。

受験に卒業、就職、結婚と人生には大切な節目があります。

その一番最初に訪れる関門が受験ではないでしょうか。

安倍文殊院の五色幕

本堂前の五色幕が風に揺れます。

ここは国宝の渡海文殊を背にする場所です。

文殊菩薩は数あれど、日本最大の文殊菩薩像が安倍の文殊さんです。

おせち御膳

安倍文殊院は日本三文殊の第一霊場として名高く、知恵の神様として信奉を集めています。

安倍文殊院の歌碑

安倍文殊院の歌碑。

阿倍仲麻呂の”天の原ふりさけ見れば春日なる”の歌を刻みます。

後ろに見える金閣浮御堂は「仲麻呂堂」とも呼ばれ、遣唐使の阿倍仲麻呂を祀ります。

安倍文殊院のジャンボ花絵

「合格」の文字が浮かび上がります。

人文字を見るように、展望台から眼下に広がるジャンボ花絵を見るのもいいですが、下に降りて見るのも一興です。サクラ咲く・・・受験生の皆様のご健闘をお祈り申し上げます。