蛇がデザインされた脳天大神の破魔矢

首から上の守り神として崇められる脳天大神。

境内の休憩所前に置かれていた破魔矢に、脳天大神の眷属(けんぞく)である蛇がデザインされていました。

脳天大神の破魔矢

脳天大神の破魔矢に描かれた蛇。

そのミステリアスな雰囲気から神社に祀られることの多い蛇。眷属ではありませんが、大神神社にも白蛇が棲むと言い伝えられています。脳天大神さんの蛇はとぐろを巻いて、実に霊験あらたかな出で立ちです。

スポンサードリンク

脳天大神参拝時に頂くゆで卵

脳天大神に参拝すると、ゆで卵を頂くことがあります。

覚澄大僧正が脳天大神様を感得した際、その最初のお姿は蛇であったと言われます。蛇といえば、その好物は卵と相場が決まっています。

脳天大神の信者さんがお供えした卵のおさがりを、ゆで卵にして参拝客にお配りするというものです。

脳天大神

金峯山寺蔵王堂から延々と続く階段を下りて、やっとのことで脳天大神に辿り着きます。

「行きは良い良い帰りは怖い」ではありませんが、今下って来た階段を、今度はひたすら上って行くのかと思うと、さすがに気が滅入ってしまいます(笑)しかしながら、これも修験道における修行の一環なのかもしれませんね。

脳天大神の破魔矢

魔を破る矢と書いて、破魔矢。

いかにもご利益がありそうです。

金峯山寺蔵王堂の下の谷間に鎮座する脳天大神。

頭病平癒、学業成就、入試合格成就を祈願し、数多くの参拝客が詰め掛けます。お百度修行や各種祈祷の申し込みもできます。