桜井市穴師の地蔵堂

相撲神社や兵主神社のある穴師。

今まで穴師の集落に足を踏み入れることはありませんでした。ところが、彷徨ってみると面白いものです。大和棟の古民家や常善寺など、新たな発見があります。集落の東隅の方まで足を延ばすと、ポツンとお地蔵様を祀るお堂が建っていました。

桜井市穴師の地蔵堂

穴師集落東方の地蔵堂。

向こうに三輪山を望みます。

観光マップに出ているようなお堂ではありませんが、人知れずそこにありました。

スポンサーリンク

一願成就地蔵や首無地蔵!坂道を経由して森岡農園へ

集落の入口付近を守るお地蔵さん。

そういう位置付けでしょうか。

地蔵堂からカーブを描いて伸びる道は、檜原神社へと続いていました。

一願成就地蔵菩薩

一願成就地蔵菩薩。

堂内手前に立つ地蔵菩薩です。両手を胸の前で合わせ、静かに瞑想します。

穴師地蔵堂の案内

お堂の左横に案内が出ていました。

大正4年地蔵堂新築以来、約100年老朽化のため平成25年7月24日再建成る。
推定450年村人の信者篤信者により祀られし首無地蔵、子安地蔵等堂内奥に祀る。
正面には一願成就地蔵菩薩像一躰を安置し、永劫に五穀豊穣、村内安全、無病息災、一願成就を奉修祈念し奉る。

地蔵講敬白

大正4年に竣工した地蔵堂。

正面に立つ地蔵はまだ新しく、その奥のお地蔵様が旧来のもののようです。首無地蔵と子安地蔵と案内されていますね。

桜井市穴師の地蔵堂

格子戸の向こうに祀られます。

地蔵堂の妻には、魚の尾びれを垂らしたような懸魚(げぎょ)が見られます。

寺社建築によくある火難除けですね。魚は水を連想させ、火事に遭わないおまじないとして取り付けられます。集落の入口や辻々に建つお地蔵さんは、疫病除けの役目も担っていたことでしょう。

五輪塔石

地蔵堂脇の五輪塔石。

上部が欠損していますが、おそらく五輪塔でしょう。

穴師の地蔵尊

堂内奥の地蔵尊。

首無地蔵なのか子安地蔵なのか、判断の難しいところです。

穴師地蔵堂

向かって右奥にも、古びた地蔵石仏を祀ります。

紅白の前掛けにびっしり書かれているのはお経でしょうか。

山の辺の道の道案内

地蔵堂上手の道標。

檜原神社と景行天皇陵を指し示します。このまま地蔵堂前を通り、穴師の集落を抜けて景行天皇陵へと至ります。

穴師の坂道

ここを右手へ上がって行くようです。

左へ進むと、集落の中へ入って行きます。

山の辺の道でよく見かける無人販売所ですね。日本人ならまだしも、外国人観光客が見たら驚く一コマです。信頼の上に成り立つものですが、懐の深さを感じさせますね。

山の辺の道の道標

天理方面へ向かいます。

穴師坐兵主神社や相撲神社が案内されています。

相撲神社に祀られる野見宿禰
山の辺の道のルートから少し外れた東の山の手に、野見宿禰を祀る相撲神社が鎮座しています。 相撲の始祖とも言われる野見宿禰。その五輪塔が建つのは、伊勢街道沿いにある十二柱神社ですが、野見宿禰と当麻蹴速が天覧相撲を行った場所が穴師坐兵主神社...

垂仁天皇の御前で行われた天覧相撲ですが、その記念すべき場所が桜井市の相撲神社です。ここからの距離は500mのようですね。

穴師の坂道

なかなかの傾斜です。

この道幅なら車の往来も可能でしょう。

箸墓古墳と二上山

坂道から南西方向を望みます。

遥か彼方に二上山、左手前には箸墓古墳が見えています。穴師の集落越しに見る”箸墓後円部”ですね。さらに坂道を登り切って北の方へ出ると、森岡農園の看板が出ていました。

森岡祥章観光果樹園の駐車場案内

森岡祥章観光果樹園の駐車場。

右手へ上がって行くと、森岡農園の駐車場があります。ちなみに駐車場へと続く道は、相撲神社の裏手を通り兵主神社へも通じています。森岡農園さんのフルーツはとても美味しく、産直市場のまほろばキッチンでいつも購入しています。

名もなき地蔵堂ですが、近代の穴師を見守り続けて来た生き証人です。通りかかったら手を合わせておきたいですね。