ソムリエの資格取得!実務経験が必要

ソムリエの仕事は幅が広いです。

ワインはもちろん、食前酒や食後酒、お茶やコーヒーに至るまで、飲食店で提供される飲料全てをコーディネートします。

ソムリエは社団法人日本ソムリエ協会認定の資格。

飲食業界からの認知度も極めて高い資格です。

スポンサーリンク

ソムリエブーム!資格手当や収入アップも

ソムリエには一流ホテルが似合いますよね。

受験資格

ソムリエになるためには、一定の実務経験が必要になります。

年齢は20歳以上。

ワインおよびアルコール飲料を含む飲食サービス業経験が通算5年以上で、現在も従事している者、という受験資格が定められています。

実務経験が5年に満たず3年以上でも、日本ソムリエ協会正会員として3年以上が経過していれば資格要件を満たすことになります。

イノシシ角煮

試験内容

試験内容は1次と2次に分かれます。

1次試験は筆記試験。

ワインの必須知識、公衆衛生の知識が問われます。2次試験では口答試問、きき酒、サービス実技が課せられます。

合格率 資格試験の難易度

合格率は50%と言われています。

収入

資格手当や収入アップも期待できます。

飲食店で働く人がソムリエの資格を取得すれば、昇進や昇給などの好待遇が望めるかもしれません。

その道に詳しい人のことを”ソムリエ”と称する風潮が広まっていますよね。

温泉に精通している人を「温泉ソムリエ」と言ってみたり・・・ベジタブル&フルーツマイスターは別名「野菜ソムリエ」とも称されます。それだけ”ソムリエ”という言葉の響きには、一種独特な人を納得させる力があります。

ソムリエパワーとでも申しましょうか。

リクルートのケイコとマナブでは、ソムリエ関連の専門学校や通信講座が幾つか紹介されています。

ソムリエに興味を持ったら、是非一度ご参照下さいね。

がくぶんの資料請求!早稲田に本社
がくぶん総合教育センターの学文社。 株式会社学文社は東京の早稲田に本社を構えています。 がくぶん グルメ関連の通信講座では、食育インストラクター養成講座があります。 食育の重要性が叫ばれて久しい昨今ですが...