民間資格のベジタブル&フルーツマイスターが人気

ベジタブル&フルーツマイスターって資格があります。

野菜と果物の魅力を多くの人に伝えるために生まれた資格です。民間資格で、日本ベジタブル&フルーツマイスター協会が運営しています。

アスパラ菜

生育期間中、無農薬栽培のアスパラ菜。

なんだか長ったらしい名前で(笑)、少々覚えにくい感じもしますが、野菜ソムリエと呼ばれている人が取得している資格なんです。

がくぶんの資料請求!早稲田に本社
がくぶん総合教育センターの学文社。 株式会社学文社は東京の早稲田に本社を構えています。 がくぶん グルメ関連の通信講座では、食育インストラクター養成講座があります。 食育の重要性が叫ばれて久しい昨今ですが...

スポンサーリンク

気になるベジフルマイスターの合格率と収入

有名人の中にも、この資格を取得している人はいます。

ソフトバンク王貞治監督の娘さんの王理恵さん、資格マニアの西村知美さんなどはベジタブル&フルーツマイスターの資格取得者らしいですよ。

この資格は3段階に区分されていて、ジュニアマイスター、マイスター、シニアマイスターとランクアップしていきます。

受験資格

東京、大阪、名古屋、福岡などで開かれている講座を受講することから始まります。

ベジタブル&フルーツマイスターの講座を受講するためには、まずジュニアマイスターの資格を取得する必要があります。野菜ソムリエの受験資格は、ジュニアマイスター資格取得者であることが必須条件となります。

講習内容

講習内容は多岐に渡っています。

生産、品目、青果物と健康、歴史と時事、マーケティング、ビジュアル・マーチャンダイジング。

なかなか面白そうですよね、ビジュアル・マーチャンダイジングなんて。

合格率 資格取得の難易度

資格試験の合格率は30%と言われています。

民間資格にしては、やや狭き門と言えるのではないでしょうか。合格率がそんなに高くない分、資格取得後のキャリアアップには貢献してくれそうです。

収入

資格手当や収入アップも期待できます。

どのような職業従事者に向いているかというと、青果物流通業に携わる人や外食産業で働く人ですね。

ベジタブル&フルーツマイスターの資格に関するブログを検索していたら、いくつかの記事を見つけることができました。

「ベジタブル&フルーツマイスター 資格取得」では、食材の旬や保存方法なども学習する資格であると書かれています。お料理関係のブログの中でも、「Happy Kitchen」さんに記述がありました。

外食産業や青果物流通業に携わる人なら、取得しておいて損はない資格です。

有資格者にはそれなりの待遇があるものと思われます。何でもその道に詳しい人のことをソムリエと評したります。野菜ソムリエは文字通り、野菜のあらゆることを知り尽くした人に贈られる称号です。

体にも良さそうですしね。

健康的なダイエットに野菜は欠かせません。

日本は既に高齢”化”社会ではなく、単なる”高齢社会”に突入していると言われます。健康で長生きするためにも、野菜や果物の知識は蓄えておきたいものです。