釈迦の入胎!不思議な伝説

お釈迦様の誕生に至るまでの道のり。

その道程はとても神秘的なお話として伝えられています。

釈迦の入胎

お釈迦様のお母さんは摩耶夫人です。

その摩耶夫人の右脇に入っていったと伝わります。

入って行った? 誰が?

そう、他ならぬお釈迦様が聖なる生き物とされる「白象」に姿を変えて、摩耶夫人の体の中へ入っていかれたのです。

スポンサーリンク

能動的なお釈迦様誕生秘話

不思議なお話です。

伝説と言えばそれまでですが、通常とは違う”始まり”に目が留まりました。

薬師寺白鳳伽藍

このことを入胎(にったい)と言います。

私たちは普通、妊娠することを受胎すると表現します。

文字通り解釈するならば、胎児を受けるわけですよね。受動的に赤ちゃんを授かることを意味します。

ところが、お釈迦様の場合は自ら母胎に入っていかれたのです。そう、能動的だったわけですね。

入胎の説明

「入胎」の案内書き。

白い象になってお母さんの体の中へ入っていく・・・。

何ともメルヘンチックなお話です。

薬師寺東塔脇の回廊には、お釈迦様の一生が絵で描かれています。

参拝前に是非学習しておきたいですね。