ローマ名物!サルティンボッカの作り方

イタリアはローマの郷土料理として有名なサルティンボッカ。

サルティンボッカのレシピをご案内致します。

サルティンボッカ

サルティンボッカ。

スポンサーリンク

サルティンボッカの塩加減!香り高いセージの葉

このお料理、塩の量には注意が必要です。

お肉に塩こしょうするんですが、食材に生ハムを使うことを考慮して、塩の量を控えめにしておきます。

塩加減は重要なポイントですね。

サルティンボッカ

お肉は豚のヒレ肉を使ってみました。

本場のローマでは、牛もも肉を使う習慣があるそうですが、そのあたりはお好みでチョイスしてみて下さい。

ラップを少し水で濡らして、その間にお肉をはさんで叩きのばします。

コショウは肉の両面に、塩は片面だけに振っておきます。

セージの葉を片面にのせて、生ハムで巻きこみます。小麦粉をつけて余分な粉を払い落し、フライパンで焼きます。

サルティンボッカ

次にサルティンボッカの焼き加減をご案内します。

焼き加減も大切なポイントですね。

焼き過ぎないこと、火を通しすぎてベトベトした食感になるのは避けたいところです。

さっと焼きつけたら、白ワインを入れてアルコール分を飛ばします。さらにブイヨンを投入して煮詰め、サルティンボッカに掛けるソースに仕上げていきます。

ソースにバターを入れても風味が増すでしょうね。

付け合わせ野菜に、パプリカとヤングリーフのドレッシング和えを添えてみました。

サルティンボッカという料理名ですが、イタリア語で Saltimboccaと書きます。「口の中に飛び込む」という意味を持つネーミングです。

簡単に作れてすぐに出せる料理、というのがサルティンボッカ命名の由来のようです。あるいは、口の中へ飛び込んでくるほど美味しいという言い伝えも残ります。

調理師の資格取得を目指している人には、是非とも覚えておいてほしい一品ですね。

ローマ名物のサルティンボッカ、実に美味しいお料理です。