メイチダイの姿造り

夏から秋に旬を迎えるメイチダイが入荷しました。

ちょうど今が旬!

漢字で書けば「目一鯛」で、クリッとした目が特徴の高級魚です。

メイチダイの姿造り

メイチダイの姿造り。

非常に珍しい魚です。その希少性ゆえ、少々値は張りますがとても美味しい白身です。もちっとした歯触りで、甘味を感じる刺身は絶品でした。

スポンサーリンク

目の中に走る縞帯!鋭い下顎の歯を持つフエフキダイ科の海水魚

岩礁域に棲息しているというメイチダイ。

名前に”鯛”と付きますが、本流の真鯛の仲間ではなくフエフキダイ科に属します。

メイチダイを特徴付けるものは、名前の由来にもなっている”目”と下あごの歯です。下処理の途中で、鋭い犬歯のような歯に指が当たり少し出血してしまいました(^-^;

メイチダイ(目一鯛)

なかなか美しい魚体です。

横に数本の縞模様が走っていますね。成魚になるとこの縞模様が消えるようですので、比較的若い個体でしょう。

綺麗に並ぶウロコは比較的取りやすく、水洗いの作業はスムーズに進みました。

メイチダイの目

こちらがメイチダイの目です。

よく見ると、目の中まで縞帯が入っています。目を一文字に貫く帯状のラインが「目一鯛(めいちだい)」の名前の由来です。

目一鯛の姿造り

メイチダイの他にも、活鯛の焼霜造り、鮭、栄螺、イクラなどを盛り付けます。

胸元に紅白花大根、周りには小波胡瓜、水玉胡瓜、唐草大根などを散らします。

目一鯛

大きな目ですね。

決して深海魚ではありませんが、クリッとした可愛い目をしています。

メイチダイの尾びれ

シュッと切れ込んだ尾びれ。

そこそこの速度で泳ぎそうな尾びれです。

南瓜と四角豆の錦玉羹

南瓜と四角豆の錦玉羹。

断面が四角いという”四角豆”を入れてみました。味にクセが無く、デザートにも使えそうです。

メイチダイの姿盛り

胸鰭や腹鰭、尻鰭も鋭く尖っていて、盛り付けると格好いい!

今年は猛暑でしたが、さすがにお彼岸を迎え過ごしやすくなりました。メイチはちょうど今が食べ頃の魚です。市場やスーパーで見かけることがあったら、是非購入しておきましょう。