脂の乗った石垣鯛の刺身

脂乗りのいい石垣鯛。

白濁するほどの“脂”を持つイシガキダイが入荷しました。

石垣鯛の旬は産卵期の初夏以降だと思います。秋から冬にかけての石垣鯛はたっぷり脂を蓄えるのかもしれませんね。内臓も煮付けてみましたが、一晩冷蔵庫で寝かせると脂分が固まっていました。とても美味しい内臓で、石垣鯛の新たな可能性を感じた次第です。

石垣鯛の刺身

石垣鯛の刺身。

皮を引くと、刺身包丁にべっとりと脂がまとわり付きます。白身に脂が入り込み、得も言われぬ美味しさでした。

イシガキダイの姿造り!魅せる紋様
販売中のGoToトラベル特別プラン。 新鮮な姿造りを会席料理のメインに据える宿泊プランです。本日入荷したのは高級魚の石垣鯛(イシガキダイ)。その引き締まった白身は、刺身通をもうならせるお味です。 イシガキダイの姿造り。 ...

スポンサーリンク

食べ方色々!高級魚のイシガキダイ

新鮮な石垣鯛が手に入ったら刺身で頂くのが一番でしょう。

とは言え、刺身に限ったことではありません。煮ても焼いても旨いはずです。真鯛などより引き締まった身質をしており、しばらく寝かせてから頂くのも一興です。

石垣鯛とイサキ

石垣鯛とイサキ。

今回はお客様から「姿造りプラン」のご予約を頂いて発注しました。

鮮魚が届くまで、どんな種類の魚が来るかは分かりません。その場その時のタイミングで一番いい鮮魚をお届け頂きます。改めて思いますが、石垣鯛はかなり体高がありますね。

石垣鯛の姿造り

特徴的な歯をしています。

珊瑚や貝、ウニなどを食していると言いますから、かなり頑丈な歯です。

石垣鯛とイサキ

よく似た魚に石鯛(イシダイ)がいますが、石垣鯛は石鯛よりも暖かい海に棲息しています。

南方のイメージが強い石垣鯛ですが、最近ではかなり北方でも見られるようです。