ヒメフエダイの姿造り

新鮮なヒメフエダイが入荷しました。

珍しい魚が入れば、姿造りにするのが慣わしです。幼魚の内はメタリックな体色をしているようですが、成魚になるにつれ赤味を帯びます。ヒメフエダイはフエダイ科の魚で、口の先が前に突き出ているのが特徴です。

ヒメフエダイの姿造り

ヒメフエダイの姿造り。

漢字では「姫笛鯛」と書きます。

フエフキダイは今まで何度も捌いてきましたが、赤い魚体は初めてです。皮も美味しそうだったので焼霜造りにして頂きます。

スポンサーリンク

鰓蓋骨の欠刻!甘くて美味しいミミジャー

ヒメフエダイは沖縄ではよく知られた魚のようです。

体高が高く、歩留まりも良好です。赤みを帯びたもっちりとした白身で、とても美味しかったです。沖縄ではミミジャーと呼ばれているようです。

ヒメフエダイ(姫笛鯛)

背びれ、尻びれ、尾びれは黒ずんでいますね。

見た目もとても綺麗な魚です。

姫笛鯛の鰓蓋骨欠刻

前鰓蓋骨に欠刻(けっこく)が見られます。

欠刻とは葉の縁にある切れ込みのことですが、エラブタにこのような切れ込みのある魚は珍しいでしょう。

ヒメフエダイの姿造り

皮付きのお造りも、皮を引いたお造りもどちらも深い味わいです。

栄螺やサーモン、メイチ(目一鯛)などを周りに散らします。

ヒメフエダイの歯

鋭い歯!

姿盛りにする際、口を開けるために一旦楊枝を噛ませます。扱いには注意した方が良さそうですね、怪我をしないようにしましょう。

ヒメフエダイの姿造り

ヒメフエダイの旬は、秋から春に掛けてとされます。

岩礁域やサンゴ礁域に棲息している魚です。

まだまだ知らない魚がたくさんいますね。

気候変動や乱獲によって、イワシや秋刀魚も獲れない年がままあります。普段市場には出回らない魚にも注目が集まっています。昨今の深海魚人気も時代の流れでしょうか。