サンドセレモニーと『寿』!披露宴演出

大神神社の披露宴でサンドセレモニーが行われました。

二人の絆が唯一無二の形で混ざり合うサンドアート。話には聞いていたのですが、実際に目にするのは初めてでした。今回のサンドセレモニーは、ご両家の皆様も参加する形で執り行われました。

披露宴サンドセレモニー

大正楼披露宴会場のサンドセレモニー。

上部に袋状の紙が付いており、そこから砂を流し入れます。

毎度のことながら、私は厨房に張り付いていたので”完成品”を見ることは出来ませんでした。きっと素敵な作品に仕上がったことでしょう。ご両家の絆がオリジナルアートを生み出し、新郎新婦の未来を祝福します。

スポンサーリンク

『寿』の書にウェルカムボード!参列者をお出迎え

会場に入ると、まずはウェルカムボードが出迎えます。

卓上に笑顔の写真が並び、祝福ムードを盛り上げます。向こう正面、金屏風の横に目をやると「寿」の書が躍ります。この日のためにしたためられた親御様の書のようです。

高砂装花

華やかな高砂装花。

やはり披露宴には、花が必須アイテムですね。

「寿」の書

「寿」の書。

書き出しに飛び散る墨!勢いを感じさせる達筆です。

サンドセレモニー

厨房で火入れをしている間に少し空き時間が出来ました。

会場へ上がると、既に婚礼業者さんが準備中でした。本体の横にあるのが、色とりどりの砂のようです。

サンドセレモニーの砂

様々なグラデーションでスタンバイします。

このカラフルな砂を流し入れるのですね。入れる場所や量、タイミングなどによって世界に一つだけのサンドアートが完成します。これは記念になります!

サンドセレモニー

ここからサラサラと(^.^)

共同作業で進めるセレモニーゆえ、披露宴にはうってつけです。

ウェルカムボードの写真

ウェルカムボードの写真

ウェルカムボードの写真。

様々な思い出の写真が並びます。過去を振り返りながら、また新たな歴史が積み上げられていきます。節目の日に見る思い出は、格別なものがあるでしょう。

ゲスト装花

参列頂くゲストの卓上にも花を飾ります。

感謝の思いを込めて、披露宴の間そっと寄り添い続けます。

演出アイテムも年々様変わりしていますが、サンドセレモニーもすっかり定番になっているようです。