枕詞の『そらみつ』天理教天御津分教会

奈良の天神社近くに、興味深い名前の天理教天御津分教会があります。

天御津と書いて、「そらみつ」と読みます。

枕詞のそらみつを思い出しますよね。

天理教天御津分教会の道案内

小高い場所にある道しるべ。

天理教天御津分教会の方へ降りて行くと、その先は浮見堂のある鷺池へと続きます。

ちょうどこの辺りには、綺麗に整備されたばかりの瑜伽山園地(ゆうがやまえんち)があります。

瑜伽山園地の石燈籠!文化香る茶室
令和2年に一般公開が始まった瑜伽山園地(ゆうがやまえんち)。 浮見堂のある鷺池から天神社へ続く坂道は幾度か通ったことがあります。傾斜のある坂道だなぁと以前から思っていましたが、その東側に整備された和風庭園です。瑜伽山園地の敷地は、明治...

スポンサーリンク

天から選び定めた地!そらみつやまとのくに

鹿で人気の奈良公園は広大な敷地面積を誇ります。

天理教天御津分教会は奈良公園の南の端の方に位置しており、訪れる人もまばらな地域です。

天理教天御津分教会

「そらみつ」は大和に掛かる枕詞として知られます。

日本書紀の神武紀には、「虚空見(そらみつ)日本(やまと)の國(くに)と曰(い)ふ。」とあります。

大空から見て、日本の国を良い国だと選び定めた様子が記されています。

天神社の蟇股

天神社の蛙股。

境内には牛や梅など、天満宮のシンボルがあちこちに見られます。

天御津の「御津(みつ)」は光(みつ)のことを意味しています。

天満宮~天満(あまみつ)~天御津(あまみつ)の連想が浮かんできます。

天神社@奈良市高畑町
奈良市高畑町北天満に鎮座する天神社。 人気の奈良観光ルートから外れた場所にひっそりと佇むお社をご案内致します。意外に思われるかもしれませんが、奈良ホテルや浮見堂からも割と近い場所にあります。少し高台になりますが、散策がてら足を伸ばして...

天理教天御津分教会の周辺地図

周辺地図。

瑜伽神社から天神社へと坂道を登って行きます。天理教天御津分教会のある辺りは、小高い場所になっていて、まさしく天から下界を眺めるような感じです。

そらみつという枕詞がしっくりきますね。

鷺池の浮見堂

坂道を下って来れば、鷺池に浮かぶ浮見堂が見えます。

そらみつ大和・・・余談ですが、柿本人麻呂は間に「に」を入れて、「そらにみつ」と詠ったそうです。

おぢばがえりの天理教
観光ガイドブックに掲載されることのない天理教の街。 奈良観光に訪れたお客様を、今までにも何度か天理にお連れしたことがあります。皆一様に驚き、感嘆の声を漏らされます。天理はそれだけ他には無い、魅力に満ち溢れた街と言えるのではないでしょう...