達磨寺の問答石

JR王寺駅の近くに達磨寺はあります。

人通りの多い場所にひっそりと佇む達磨寺。

達磨寺の問答石

達磨寺の問答石

達磨寺といえば、やっぱりこの問答石です。

スポンサードリンク

聖徳太子御遺跡第19番札所の達磨寺

そもそも達磨寺は聖徳太子が建立したと伝えられるお寺です。

聖徳太子御遺跡第19番札所にもなっています。

写真の問答石は、聖徳太子と達磨大師が出会った場所に鎮座しています。

歴史的にも有名な聖徳太子と達磨大師。

その二人の賢人がこの地で出会ったと伝えられます。

問答石の案内板

問答石の案内板。

推古天皇21年に当たる613年、聖徳太子はこの地で、餓者に身をやつした瀕死の異国人と出会います。
瀕死の異国人とは他ならぬ達磨大師のことですね。

聖徳太子の手厚い看護も及ばず、達磨大師の遺体は衣服のみを残して消え去ってしまったそうです。

そして、石に達磨大師が乗り移り唱和したと伝えられます。聖徳太子は自ら達磨の木像を彫り、現在の達磨寺である達磨塚を築いて供養したということです。

固い絆で結ばれた聖徳太子と達磨大師。

聖徳太子生誕の地と伝わる橘寺に建つ黒駒像が、二賢人の強い結び付きを表してます。聖徳太子には雪丸という愛犬も居ましたが、全国行脚を共にした愛馬も存在していたのです。その愛馬こそが、達磨大師の化身ではないかと言われています。

聖徳太子から受けた恩を忘れることなく、馬になって太子のその後を助けたのでしょうか。語り継ぎたくなるロマンに満ちたエピソードですね。

達磨寺本堂

達磨寺の本堂。

本堂の西南角付近に問答石は鎮座します。案内板の文言から、写真の石は達磨石であることが伺えます。

達磨石から南に10mほど離れた場所に太子石があります。

二人の賢人が歌を詠み交わした場所にある問答石。

本堂の中には達磨寺のご本尊である達磨坐像(日本最古の達磨像)と聖徳太子坐像が安置されています。

達磨寺の拝観料は無料です。

駐車場も無料、交通アクセスはJR・近鉄王寺駅から徒歩15分となっています。

<聖徳太子関連情報>