飛鳥寺のレンギョウ!黄色い花

飛鳥寺の境内にある池の畔に黄色いレンギョウの花が咲いていました。

桜の開花状況が気になって訪れた飛鳥寺でしたが、鮮やかなレンギョウの花に思わぬプレゼントを頂いたような気分です。お目当ての桜もほぼ満開で、春爛漫の飛鳥寺を堪能することができました。

飛鳥寺のレンギョウ

飛鳥寺のレンギョウ。

向こうに見えているのは、飛鳥大仏を安置する本堂です。

連翹(れんぎょう)はモクセイ科に属します。

スポンサーリンク

連翹の英名はゴールデンベル!中国原産の花

3月から4月に掛けて開花し、その花の形からゴールデンベルという英名を持ちます。

細長い釣鐘状の花で、口元が深く四つに裂けています。どこかお寺の鐘楼を思わせます。

飛鳥寺のレンギョウ

池のある風景もいいものです。

レンギョウと桜が見頃を迎えています。

飛鳥寺の花といえば、芙蓉、紫陽花、山茶花などを思い浮かべるのですが、意外にも桜の花も見事に春を演出していました。飛鳥寺へ向かう途中、車中から眺めた三輪山の裾野は所々がピンク色に彩られていました。桜は日本人の心そのものですね。

飛鳥寺の椿

椿の花も残っていました。

日本最古の仏像と伝えられる釈迦如来坐像が鎮まる本堂を背景に、様々な花が彩りを添えます。

飛鳥寺のレンギョウ

地面すれすれに垂れ下がるレンギョウの花。

古語でその咲きっぷりを表現するなら、これぞまさしく「あえぬがに花咲きにけり」となるのでしょうね。こぼれんばかりの美しさです。

飛鳥寺のレンギョウ

レンギョウは中国原産の花です。

花が咲いている時期にはまだ葉が無く、花が咲き終わる頃に伸び始めます。レンギョウの名所として知られる不退寺を訪れた時、ちょうど花が咲き終わって葉っぱだけの状態だったことを思い出します。

レンギョウの花言葉は「希望」です。

希望のゴールデンベルということで、どこか縁起の良さが感じられます。

飛鳥寺駐輪場

飛鳥寺駐輪場の南側には、芝桜と菜の花が一面に咲いていました。

飛鳥寺の境内は小ぢんまりしていますので、お寺の周辺をゆっくり歩いてみるのもいいでしょう。

飛鳥寺の桜

飛鳥寺の境内に咲く桜。

桜井市の粟原川沿いの桜を満喫した後、安倍文殊院の仲麻呂望郷しだれ桜を観賞し、最後に飛鳥寺の桜を楽しんだ一日でした。桜三昧の中にも、レンギョウや椿などの脇役の輝きにも心を奪われました。

飛鳥寺のレンギョウ

「いたちぐさ」という別名もあるようです。

17世紀頃に日本に渡来したレンギョウ。飛鳥寺創建の時代には日本に咲いていなかった花ではありますが、新旧織り交ぜながら未来へ進んでいく飛鳥寺と足並みを揃えているようにも映ります。

飛鳥寺山門

飛鳥寺門前に咲く桜。

桜の木の下には馬酔木の花も開花していました。

飛鳥寺のレンギョウ

本堂向って左手のお堂には観音様が安置されています。

日本の原風景が広がる明日香村の春は、頭の中にインプットされたお花畑そのものです。飛鳥寺にレンギョウが咲く、ちょっとした穴場情報なのかもしれませんね。