遠近法を使ったトリック写真@サリーナス・グランデス

インスタグラムに面白そうなトリック写真がアップされていました。

場所はアルゼンチンのサリーナス・グランデス。

アルゼンチン北部のフフイ州にある塩湖で、有名なウユニ塩湖にも引けを取らないぐらいに美しい風景が広がります。そこで撮られたトリック写真がコレ(笑)

なかなかの出来栄えですよね!

この写真を見て、思わず笑みがこぼれてしまいました(笑)

靴紐を綱渡しのようにつなぎ、その上で絶妙なバランスを取っています。

ナイスショット!

白と青の美しいサリーナス・グランデスの風景も相まって、私のハートを鷲掴みにしました。

スポンサーリンク

遠近法を利用した撮り方に興味が湧きます

それにしても、どうやってこの印象的な写真をモノにしているのか?

とても興味が湧きます。

やはり一人で撮影するのは難しいだろうなぁと思います。トリック写真は一度も撮影したことがないので、素人目線から言わせてもらうと、やはりペアで成立する写真なのかなと思います。

サリーナス・グランデス

Salinas Grandes, Jujuy

数年前にUSJを訪れた際にも、スパイダーマンのいるニューヨークエリアにトリックアートが登場していました。

目の錯覚を巧みに引き出した作品の数々に、思わず見入ってしまったことを思い出します。

ついでに、サリーナス・グランデスの写真をもう一枚ご紹介しておきます。

塩湖であることがよく分かる写真ですね。

インスタグラムにも世界中の写真がアップされています。

ユーザー目線の様々な風景を楽しむことができます。それにしても便利で楽しい世の中になりましたね!