もろこの唐揚げ!素焼きの手順

早春の諸子(もろこ)は美味しい!

冬から春にかけて出回るモロコですが、ホンモロコの主産地は琵琶湖です。琵琶湖の固有種だったホンモロコが、各地の湖に移入され繁殖しています。

もろこの唐揚げ

もろこの唐揚げ。

普段からモロコの甘露煮を先付料理にお出ししています。新鮮なもろこが入荷したら、一度カラッと揚げてみたいなと思っていました。そのまま揚げてもいいですが、一度素焼きしてから揚げると臭味が気になりません。

スポンサーリンク

淡水魚特有のクセを抜く!活き活きした目の新鮮モロコ

新鮮なもろこを見分ける方法は、目と腹のチェックに始まります。

内臓を含む腹がしっかりしているモロコは新鮮です。さらに目が活き活きした個体は間違いなく”買い”ですね。

もろこ・モロコ・諸子

新鮮な滋賀県産もろこ

目が訴えかけてきます(^.^) 小さいながらも鱗もしっかり付いていますね。

滋賀県産もろこ

綺麗な魚体です。

もろこの名前の由来は、たくさんの子を持つことに因むようです。ひと腹に多くの子を持ち、子孫繁栄にあやかって「諸子」と命名されました。

もろこの唐揚げ

椎茸を土台に盛り、紅芯大根の酢漬けを添えます。

小魚は丸ごと食べるに尽きます。淡水魚にありがちなくせを抜くため、今回は一度素焼きしてから油で揚げました。そんなに硬い骨でもなく、丸ごと頂けます。このまま南蛮漬けにしても美味しいでしょう。

滋賀県産もろこ

びっくりしたような目!

鱗も心なしか盛り上がっています。この時期ならではの食材ですね。

モロコの唐揚げ

内臓も出さずに、そのまま調理しました。

もう少し古くなってくると、内臓は取り出した方がいいでしょう。肛門に向って押し出すようにして取り除きます。

滋賀県産もろこ

惚れ惚れするようなモロコです。

次回はもろこを素焼きして、木の芽味噌で頂く一品にも挑戦してみたいと思います。