イサキの姿造り!花オクラ酢浸しとミントスムージー

ご宿泊のお客様にイサキの姿造りをお出ししました。

初夏に美味しい魚ですが、今年は割と長い間出回っています。腸(わた)が比較的多く、腹の硬いものを選ぶようにしています。伊佐木(いさき)の白身はあっさりと美味で、暑い夏にもぴったりです。

イサキの姿造り

イサキの姿造り。

剣先イカ、栄螺(さざえ)、鮭、鰺(あじ)、イクラを盛り込みます。あしらいには紅白花大根、水玉胡瓜、松もろ胡瓜、唐草大根、わらび大根、蝶人参を散らします。

スポンサーリンク

ねっとり食感の花オクラ!パイナップルミントのスムージー

産直市場に足を運ぶと、季節の花オクラが販売されていました。

迷うことなく即購入し、定番の酢浸しにします。

猛暑日が続き、8月後半になってもヒートアップする日本列島。こう暑いと、デザートはキンキンに冷えたスムージーがいいだろうとパイナップルを調達致しました。

花オクラ

花オクラ。

若いさやからは想像できませんが、オクラの花はこんな感じです。

分類上はアオイ科に属し、ハイビスカスの仲間とされます。花オクラの大きな花びらを見ていると、なんとなく納得できますね。

花オクラの萼と雌蕊

花オクラの食べ方ですが、さっと湯通しして萼(がく)と雌蕊を取り除きます。

大きな花びらが食用部分となります。

花オクラの酢浸し

調味した酢に浸します。

根元の紫色の部分は少し硬いため、お好みで切り落としてもいいでしょう。もうこの時点で、かなりトロトロしています。この粘り気はオクラそのものですね。

オクラの莢は「淑女の小指」の如く、シュッと立っています。レディースフィンガーと呼ばれる所以ですね。ちなみにフランス語では、オクラのことを gombo(ゴンボ)と言うようです。

パイナップルミントのスムージー

パイナップルミントのスムージー。

グラスにキーウィの断面を張り付けて供します。

パイナップルミントのスムージー

猛暑の夏に恋しくなる一品!

ミントの爽やかな香りがパイナップルと合わさります。

イサキの姿造り

6月、7月は比較的涼しい日が多かったですよね。

梅雨明けが7月末までずれ込み、8月になると急に猛暑が押し寄せて来ました。体が暑さに慣れない内に、容赦なく襲い掛かる猛暑。

イサキの姿造り

Go To トラベルキャンペーンもいよいよ本格的に始動します。

8月末からは奈良県民限定の宿泊キャンペーンも始まります。コロナ禍にあえいだ観光業界ですが、少しずつ軌道に乗せていければと思います。今年は残暑も厳しそうですから、本格的な観光業の回復は10月以降になるかもしれませんね。