桜井市の橋本大師堂

桜井市橋本にある橋本大師堂。

青木廃寺や泥掛地蔵にお参りする際、目印になるお堂です。

大師堂と言うからには、弘法大師を祀っているのかと思いますが、その辺りは確認することが出来ませんでした。

橋本大師堂

橋本大師堂。

民家と接しながらも、きちんと区画された場所に祀られます。東に向くお堂で、綺麗な花が供えられていました。

スポンサーリンク

三界無安猶如火宅のみことば

橋本大師堂を起点に泥掛地蔵にお参りする人も多いでしょう。

青木廃寺へ向かう際も、橋本大師堂から山の中へ入って行くのが最短距離だと思います。

泥掛地蔵尾のアクセスルート

泥掛地蔵のアクセスルート。

橋本大師堂の前を左へ上がって行くと、右手に太陽光パネルが見えてきます。

この写真は来た道を振り返って撮影しています。このまま民家の間を南へ上がって行けば、山の入口へと続きます。山の名前はやはり青木山でしょうか。泥掛地蔵の前で出会った老夫婦にお伺いしましたが、山の名前までご存知ではありませんでした。

三界無安猶如火宅

三界無安猶如火宅。

橋本大師堂の横に札が掛かっていました。

三界無安(さんがいむあん)とは、苦痛に満ちた現世は少しも安心が出来ないという意味です。猶(なお)火宅(かたく)の如しと続き、燃え盛る家に居るようだと説かれます。

なんだか穏やかではありませんね。

三界とは欲界(よっかい)・色界(しきかい)・無色界(むしきかい)のことを表すようです。生きていれば誰しも身に覚えのある苦しみでしょう。

橋本大師堂

青木廃寺は左へ上がって行きますが、ここを真っ直ぐ進むと稚櫻神社の方へ向かいます。

池之内の集落へ入るルートですね。

麦畑と稚櫻神社

麦畑と稚櫻神社。

橋本大師堂から西方向へ直進すると、左手に稚櫻神社の社叢が見えてきました。あの緑の杜全体が稚櫻神社です。周囲を一周すると、昔ながらの集落を感じることができます。

橋本大師堂

橋本大師堂には注連縄と紙垂が掛かります。

鰐口も吊るされていました。

橋本大師堂の石仏

格子戸越しに堂内を覗きます。

二体の石仏が横並びに祀られています。

向かって左側は宝珠を手にする地蔵菩薩でしょう。右手に坐す仏像は弘法大師でしょうか。宝珠形の光背を負い、結跏趺坐している様子がうかがえます。