船底天井の間で婚礼会食

大安吉日の結婚式。

平日ではございましたが、大神神社において結婚式が行われました。

挙式後の会食会場に当館大正楼をお選び頂き、早朝から食事会の準備に取り掛かります。

大神神社結婚式会食

大神神社挙式の会食会場・料理旅館大正楼。

本日は10名様余りのご会食で、奥座敷に当たる「船底天井の間」を使わせて頂きました。

20名様以上のご会食・披露宴は2階の大広間になりますが、15名様前後の会食にはこちらの会場を充てることが多くなっています。

スポンサーリンク

白を基調にした会場装花&鏡開きの酒樽

ご会食に当たって、お客様から会場装花と酒樽の注文を頂きました。

白色をベースにした会場装花と、純米大吟醸の酒樽がスタンバイします。

祝い海老小物

今年も10月の婚礼シーズンがやって参りました。

毎週末予定されている披露宴・会食に向けて、日頃からの準備が欠かせません。

料理旅館大正楼

やはり10月は身が引き締まります。

食材の発注に始まり、引出物の用意、装花や席札扇子、それに司会者の手配、さらには婚礼会社各位とのやり取りと準備に余念がありません。一通り整えたら仕込み作業に入ります。

大神神社挙式会食会場

結婚式の場合は、前々日から準備に取り掛かります。

順を追って一つひとつの作業を終えていくのですが、手順通りに進まないこともあります。そういったことも想定内としてプロセスを踏んでいかなければなりません。

高砂装花

ご会食直前に綺麗な花が届きました。

いいですね、純白に彩られた高砂装花。

新郎新婦様のお席を真っ白な花々が覆い尽くします。酒樽セットも搬入され、いよいよその時を待つばかりです。

船底天井の間

今回はお人数が少ないこともあってか、席札扇子はありません。

席札の無い方がスッキリした印象を受けますね。

新郎新婦様、並びにご親族の皆様方、この度はご結婚おめでとうございました!どうぞ末永くお幸せに(^^♪