粘土細工のウェルカムボード!10月大安の披露宴

新婦様お手製のウェルカムボード。

心を込めて作られた粘土細工です。素晴らしい出来栄えに感嘆の声が漏れます。

いいですね、とってもハートフルなお出迎えでした。

粘土細工ウェルカムボード

粘土細工のウェルカムボード。

挙式前に新婦様から、ウェルカムボードを設置する台を頼まれていました。受付テーブル兼用の台を思い付き、白い布を掛けてスタンバイします。前泊された新郎新婦様に、お好みの位置に飾って頂きました。

スポンサードリンク

瓜二つ!新郎新婦様が笑顔でお出迎え

これ以上には無いウェルカムボードでしょう。

新婦様のお手製で、粘土細工で作られているようです。結婚式を前に、丹念に心を込めた様子が伝わってきます。

大神神社御用達披露宴会場

今回の披露宴会場は大広間です。

ゲストテーブルを飾る花も午前中に届きました。

粘土細工ウェルカムボード

照明ボールに灯りが点ります。

折鶴も配され、お祝いムードを演出します。

新郎新婦ウェルカムボード

よく似ていらっしゃいます(^.^)

新郎様はアメリカの方で、国際結婚の素敵なカップルです。左脇に花束を抱え、新婦様の方へ右手を伸ばしています。その手には一輪の花が・・・

披露宴会場の大型スクリーン

婚礼業者さんを介し、スクリーンも搬入されました。

列席者の中には海外の方もいらっしゃいましたので、英語を交えながらの映像だったようです。下見の段階で何度かお越し頂き、打ち合わせにも参加させて頂いたのですが、本番当日の演出が見られないのは私どもの常(笑)

受付テーブル

紅白に鶴、それに円満を象徴するかのような6個の照明ボール。

ここを左手に進めば、披露宴会場です。

向かい鶴

おっ、これは「向かい鶴」の紋ですね。

番(つがい)の鶴が向き合う吉祥文様です。

粘土細工ウェルカムボード

ボードの周りを飾る花も可愛いですね。

照明ボールがコードでつながり、海を越えた連帯を思わせます。

ウェルカムボード

左手でしっかりと抱きかかえます。

こぼれんばかりの花で、新郎様の愛情が表現されているような気がします。

大正楼披露宴会場

開宴前の会場は、いつも心地いい緊張感に包まれます。

ちょうど今頃は、大神神社儀式殿で結婚式の真っ最中なのかもしれません。

この瞬間、厨房は大忙しです。わずかな隙間時間を見つけて、大広間へ向かいました。

鶴の折敷

ここにも鶴が飛んでいます。

鶴は千年、亀は万年と申します。言わずと知れた長寿のシンボルですが、新郎様のご親族にもお伝えすることが出来たでしょうか。

お祝い電報

挙式前日に、新婦様宛に電報が届きました。

司会者の持ち場に用意しておきます。

高砂装花と酒樽

華やかな高砂装花。

毛氈を敷いて、鏡開きの酒樽もスタンバイ。

新婦手製ウェルカムボード

何度見ても微笑ましい。

既製のウェルカムボードには無い温もりが感じられます。

散りばめられた花、花、花・・・幸せの語源は、花が咲いている状態が長く続くことにあります。古来、人々の願いは皆同じなのかもしれませんね。

新郎新婦様、並びにご両家の皆様方、どうぞ末永くお幸せに(^^♪