披露宴の献立表!大神神社結婚式

2014年10月に催された大神神社の披露宴。

挙式1週間前に、新婦様自作の献立表が届きました。実にシンプルで素敵だったのでここにご報告申し上げます。

披露宴の花

料理旅館大正楼の客室前廊下。

10月の週末ということもあってか、当日は3組の披露宴が重なりました。

大神神社結婚式の会食!披露宴段取り
大和国一之宮・大神神社の結婚式をご案内致します。 挙式準備の進め方で迷っていらっしゃるカップルも数多くお見受けします。 当館大正楼は奈良観光に訪れる人々の宿泊施設であると共に、大神神社披露宴会場としても長い間お世話になっています...

スポンサーリンク

紅白の水引で結ぶ献立表

概ね当館では、挙式の一週間前に献立が決まります。

献立表を作成される方は、あらかじめその旨をお知らせください。挙式の10日~14日前までに献立を決めてお知らせ致します。

大神神社披露宴の献立表

新婦様がご自身で作成された献立表。

松竹梅の婚礼料理における、竹プランのお品書きです。

昨今の傾向として、婚礼業者に任せず自ら献立表を作られる方を多数お見受けします。パソコンを含めた周辺機器が充実しているとはいえ、こういったことが苦手な私にしてみれば、実に羨ましい出来栄えです。

披露宴の献立表

献立表をこんな風に巻物風にして、紅白の水引で括ります。

素敵な演出ですよね。

披露宴の席札

センスの光る献立表を作成される新婦様ですから、もちろん、席札もご自身でご用意なさいました。

お膳の左片隅に置いて、参列者の着席を待ちます。

いつものことではありますが、披露宴の始まる数時間前のこの瞬間、会場にも澄んだ空気が流れています。今頃は三輪神社の儀式殿に於いて、粛々と結婚の儀が執り行われているのだろうなと想像します。

六瓢息災

大神神社参集殿待合室に掲げられていた「六瓢息災」の絵。

6つの瓢箪が描かれており、無病息災に掛けた「六瓢息災」の文字が印象に残ります。七五三の情報を得るために向かった参集殿でしたが、思わぬ縁起物に出会うことができました。

仏の世界においても六地蔵、六波羅蜜寺等々、6という数字には何か物事を総まとめにするようなイメージが感じられます。6は無に通じるとでも言いましょうか、そんな気配が感じられるのです。

六瓢息災、実にいい言葉です。

素敵な献立表を作成して下さったカップルにも、長い人生における無病息災をお祈り申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました