外山区中筋町の報恩寺

桜井市外山に報恩寺というお寺があります。

桜井茶臼山古墳の近く、外山区中筋町に東面して建っています。

報恩寺本堂修理中

報恩寺の本堂。

寄棟造りの本瓦葺き。

修理中なのでしょうか、緑色のシートが掛けられていました。

丈六の阿弥陀如来坐像を祀る報恩寺
桜井茶臼山古墳の後円部東側に、報恩寺というお寺があります。 国道165号線沿いの外山のバス停から北へ向かって歩いて行くと、わずか数分で辿り着きます。以前にも一度だけ訪れたことがあるのですが、本堂が新しく生まれ変わっていました。 ...

スポンサーリンク

定朝ファン必見の阿弥陀仏

奈良県内には難読地名が多数ありますが、外山(とび)もその内の一つでしょう。

巨大前方後円墳の桜井茶臼山古墳があることで知られます。

外山の秋海棠

本堂前にシュウカイドウの鉢植えがありました。

神應山外山区報恩寺と言えば、平成21年3月に県文化財に指定されたご本尊が知られています。

阿弥陀如来坐像の案内板

丈六の木造阿弥陀如来坐像

藤原時代の定朝風の特徴を思わせる仏像のようです。

民家の合間に佇む、山門もない小さなお寺ですが、定朝ファンなら是非訪れておきたい穴場スポットですね。