おふさ観音のブランド!頭に浮かぶ枠組

おふさ観音のバラまつり。

春のイベント期間は5月15日~6月30日までとなっています。

おふさ観音の薔薇園

おふさ観音に咲くバラ。

満開のバラが所狭しと境内いっぱいにに咲き誇ります。

おふさ観音バラまつりとさなぶり餅
今年も開催されているおふさ観音のバラまつり。 初夏のこの時期になると、つい足を運びたくなるお気に入りの場所です。藤原宮跡や大和三山にも程近く、歴史散策のルートに組み入れてみるのもいいのではないでしょうか。 おふさ観音本堂...

スポンサーリンク

ワーケーションの合間に訪れる呼び物

加藤登紀子さんが歌う百万本のバラ。

薔薇と言えば、なぜか思い出されるフレーズです。

おふさ観音の薔薇

情熱的な薔薇の花。

勝手にイメージしているだけかもしれませんが、なぜか「薔薇と情熱」が結び付きます。大振りで艶やかな姿は、秋に咲くダリアともいい勝負ですね。

自然と戯れながら過ごすワーケーション。

奈良県は神社仏閣が多いですから、その地域性を活かしてフィールドワークを楽しむのもいいでしょう。

天皇の貴賓室を残すJR畝傍駅を降り立って、古い町並みを通りおふさ観音に詣でる。そこから持統天皇の藤原宮跡まで足を延ばし、奈良の都に想いを馳せる。

おふさ観音の鐘楼

おふさ観音の鐘楼。

山門入って左手に鐘が吊るされています。

本堂と鐘楼の間に広がる一面のバラ園に身を委ね、ゆったりと流れる時間を楽しみます。

おふさ観音のバラ園

おふさ観音のバラ園は入場料が無料です。

思う存分、色とりどりのバラの花を楽しむことができます。

おふさ観音の薔薇

お寺には”呼び物”が必要です。

おふさ観音に限って言えば、春と秋の薔薇、夏場の風鈴が多くの観光客を呼び寄せます。

生き人形も公開され、普段は遠のく足も吸い寄せられます。

おふさ観音でイメージするものは、比較的早く像を結びます。亀にバラ、風鈴、生き人形に観音様。既にブランドイメージが構築されているということでしょうか。

巷では檀家も少なくなり、経営難に陥っているお寺も多いと聞きます。2020年の新型コロナウィルスも、観光寺院の運営を圧迫しているでしょう。それぞれが工夫を凝らす必然に迫られます。

おふさ観音の薔薇

本薬師寺跡、今井町、藤原宮跡などにも程近い場所にある小房(おふさ)観音。

久米寺の紫陽花に先駆けて開花するおふさ観音のバラ。橿原市を代表する観光スポットとしておすすめ致します。