ヤマボウシの名前の由来

やまぼうしの花言葉は「友情」。

初夏に開花する山法師(やまぼうし)は、水木(ミズキ)科に属します。

やまぼうし

ハナミズキに似ていますが、苞の先の形状が違います。

やまぼうしの方が、尖った形をしています。

スポンサーリンク

比叡山延暦寺の山法師に由来!中国名は四照花

ヤマボウシとハナミズキは開花時期も違います。

山法師が開花するタイミングは花水木より2週間ほど遅く、葉が成長してから花を咲かせます。

ヤマボウシ

山法師の名前の由来ですが、中央の丸い花穂を坊主頭に見立て、4枚の白い花びらを白い頭巾になぞらえています。

比叡山延暦寺の「山法師」に因んだ命名です。

やまぼうしの中国名は「四照花」。

開花したときの四方を照らす様子を表現したネーミングですね。