くちなしの花言葉と名前の由来

6月から7月に掛けて甘い香りを解き放つ梔子(くちなし)の花。

くちなしの花言葉は、「私は幸せ( I’m so happy )」です。]

くちなしの花

アカネ科に属するくちなし。

英名を gardenia(ガーデニア)と言います。

コクチナシが開花する馬見丘陵公園
馬見丘陵公園にコクチナシの花が咲いていました。 中央エリアの公園館近くを歩いていると、梔子(くちなし)特有の甘~い香りに誘われます。近づいてみると、確かにそこには梔子の花が咲いていました。でも、よく見てみると少し小振りであることに気付...

スポンサーリンク

クチナシの実から採る黄色い色素!クロセチン

一重咲きの他に、八重咲きのくちなしもあります。

花が咲いた後に成る実は、熟しても口を開かないことから「口無し」という名前が付けられました。

オレンジ色の実は山梔子(さんしし)という生薬名で、消炎解毒剤や解熱剤として利用されています。たくあんや栗金団の色付けに使われることでも知られますが、クロセチンという黄色い色素が生かされています。

夏に開花するくちなしの花。

遠くからでもその甘い香りに誘われる人は多いのではないでしょうか。