岡寺奥の院『弥勒の窟』

西国三十三ヵ所観音霊場の第七番札所。

巨大な塑像・如意輪観音を本尊とする岡寺ですが、その奥の院に神秘的な石窟があります。自然の造形を残した石窟堂に祀られるのは、弥勒菩薩坐像です。

岡寺奥の院「弥勒の窟」

岡寺奥之院の石窟堂。

「弥勒の窟」と呼ばれ、石窟の奥には弥勒菩薩坐像を祀ります。

入口左脇に弥勒菩薩、右脇には苔生した地蔵菩薩を安置。初夏に訪れたこともあり、”弥勒の窟”の手前にはシャクナゲが咲いていました。

岡寺シャクナゲと龍玉願い珠
石楠花が見頃を迎えている岡寺にお参りして来ました。 岡寺のシャクナゲが満開になる時期は、毎年4月中旬から5月上旬頃と言われます。石楠花祭で賑わう境内は、たくさんの観光客で賑わいます。淡いピンク色が映える石楠花の他にも、境内には牡丹やシ...

スポンサーリンク

二重円光背の弥勒菩薩!龍蓋寺の穴場

複数回お参りしている岡寺ですが、奥の院まで足を運んだのはこの時が初めてでした。

意外とそういうものですね。

お目当ての牡丹やご本尊を拝んだら、もうそれで終わりというパターンが多いものです。たまには時間に余裕を持って、ゆっくりと境内を巡ってみましょう。

岡寺の牡丹

岡寺に開花する牡丹。

毎年初夏には”牡丹の名所”でクローズアップされる長谷寺。その陰に隠れるように、岡寺にもたくさんの牡丹の花が咲いていました。

岡寺三重宝塔

岡寺の三重宝塔。

遥か下界、橘寺の近くからも見えている塔ですね。

今回私は三重塔から奥の院を目指しました。三重宝塔から”もみじのトンネル”を抜け、歴代墓所を経て”しゃくなげの道”へと入ります。

岡寺本堂

途中で見降ろす岡寺本堂。

五色幕の掛かった立派なお堂の中には、奈良時代の塑像・如意輪観音坐像(重要文化財)が祀られています。

岡寺のシャガ

道中のシャガも綺麗ですね。

この細い道を辿った先に、奥の院の石窟があります。

岡寺稲荷社

奥の院に鎮座する稲荷社。

美しい蟇股の覆屋に「如意稲荷社」を祀ります。手前角の道案内が視界に入ってきます。

岡寺奥の院「弥勒の窟」

奥の院石窟を案内しています。

どうやらこの先を上がって行くようです。

弥勒の窟

石窟堂の入口。

入口付近は覆い屋根に守られ、釣灯籠が二つ下がっていました。横に被せた枠石は唐破風を模しているようです。

岡寺奥の院「弥勒の窟」

見えました!

真正面一番奥にいらっしゃいます。

ここまではっきりとその存在が分かると、御前まで進み出ずにはいられません。

弥勒の窟の弥勒菩薩坐像

弥勒の窟の弥勒菩薩坐像。

蓮華座に坐し、両手でしっかり宝塔を持ちます。

二重円光背を背負い、静かな表情を浮かべています。未来に降臨する弥勒菩薩様が、ダイナミックな岩肌を背に参拝客を出迎えます。

弥勒の窟の岩肌

剥き出しの岩肌。

ゴツゴツした感じが野性味を感じさせます。

弥勒の窟

振り返ると、次の参拝客が!

四角く切り抜かれた入口が、まるで額縁のようです。初夏の緑も相まって、なかなか絵になる一枚になりました。

地蔵菩薩坐像

入口右手前の地蔵菩薩坐像。

見事に首から下を苔が覆い尽くします。ここまで綺麗に”苔の衣”が出来上がると、顔に苔が生えないのはなぜ?と気になりますね。

弥勒菩薩坐像

こちらは左手前の弥勒菩薩坐像。

姿形は石窟の中の弥勒とよく似ています。相似形でしょうか。

弥勒の窟

弥勒の窟。

自然そのものを崇拝する古代信仰がありますが、こういう場所もいいですね。

最終的に人の手が加わっているとはいえ、どこか素朴で荒削りな魅力があります。岡寺を訪れたら、是非奥の院まで足を運んでみましょう。