大正楼客室

館内案内

床天井の『麻の葉繋ぎ』客室意匠

客室の床天井(とこてんじょう)に、麻の葉文様が見られます。 古来、日本の文様に使われてきた麻の葉。 六角形を基本とした幾何学模様で、大正楼館内でも客室や欄間、応接間などに見られます。実際に目にしたことはないのですが、その形は大麻...
館内案内

図面角竹でデザイン!客室の遊び

客室内の意匠をご案内致します。 竹にも色々な種類があって、図面竹(ずめんたけ)という面白い竹があります。 硫酸と硝酸を合わせた薬剤に砂などを混ぜ、独特の模様を付けたものを言います。竹の幹は丸いものだとばかり思っていましたが、四角...
館内案内

八方睨みの虎の掛軸

大正楼客室に飾られている虎の掛軸。 以前にご宿泊頂いたお客様から、「こちらが移動すると、それを追い掛けるように虎の目が動いているように見える」とお伝え頂いたことがあります。なるほどそうなのかなと思い、試しに虎の掛軸の前に立って右に左に...
館内案内

趣ある杉板天井!離れタイプの客室

大正楼の離れタイプの客室をご案内致します。 6畳2間続き全12畳の本間和室。 雪見障子越しに中庭を望むことができます。 ご年配のお客様に人気のお部屋です。
スポンサーリンク