飛行機の離着陸!正しい日本語

正しい日本語とは結構難しいものです。

とある案内看板に、「離発着」という言葉を見つけました。これは実は間違いで、正しい日本語は「離着陸」となります。

ホノルル空港

ホノルル空港で待機する航空機。

離陸と着陸で離着陸となります。

間違った使い方をしていても、案外気付かないものですね。

スポンサーリンク

TAKEOFF and LANDING ! 離着陸の英語翻訳

新型コロナウィルスによるパンデミック。

世界の航空会社が苦境に立たされています。

当然のように離着陸回数は大幅に激減し、その経営を圧迫しています。

飛行機の離着陸

成田国際空港、羽田空港、関西国際空港の離着陸回数も言うに及びません。

昨年までインバウンドで賑わっていたのが嘘のようです。

離陸と着陸を繰り返す飛行機。

数年前、空港の展望台に立ち、絶え間なく繰り返されるその営みに身を委ねたものです。パイロットが最も緊張する瞬間だと言いますが、乗客にとっても期待と不安の入り混じるタイムポケットですね。

飛行機の離陸

離着陸を英語に翻訳すると、takeoff and landing となります。

多くの命を運ぶ航空機に失敗は許されません。パイロットの離着陸訓練は”完璧”を目指し日々繰り返されます。

航空会社の離着陸回数、離着陸場、離着陸機といった具合に「離着陸」という言葉が正しい用法となります。この機会に覚えておきましょう。