ベルトローダーとは!航空機貨物室

空港でよく目にするベルトローダー。

ベルトローダーとは航空機最後部の貨物室に、荷物を積み降ろしする際に使う専用車のことを言います。

航空機ベルトローダー

ルフトハンザドイツ航空の機体後部に付けているのがベルトローダーです。

ベルトローダーの英語表記は、belt loader となります。

スポンサーリンク

キャノピー付きの動力コンベアー!飛行機のバルクドアにセット

荷物の運搬に欠かせないベルトローダー。

雨天時にはキャノピ―(屋根)をスライドして屋根代わりにし、貨物・手荷物の濡れを防ぐ機能も付いています。

飛行機の車窓風景

飛行機の車窓風景。

大海原の上空を飛びながら、旅の思い出に浸ります。

人は移動する生き物です。文明の発達により、便利な移動手段を手にしました。

物資の運搬のみならず、遊興目的の旅行にも活用されています。テレビで野生動物の大移動を観ることもありますが、その移動速度や距離は人の比ではありません。

ベルトローダー案内

国と国をつなぐ物資のやり取り。

国際交流に貨物の運搬は欠かせません。手早く貨物を飛行機に搭載するため、ベルトローダーが活躍します。

ベルトローダーは動力コンベアーを装備した自走車両です。

空港の飛行機

ベルトローダーを使った作業手順はこうです。

まずは空港の作業員が貨物室に入ります。

ベルトローダーをバルクドア(航空機の貨物室のドア)の下部にセットし、ベルト上の荷物を手作業で積み降ろしします。

航空用語のベルトローダー、この機会に是非覚えておきましょう。