会津八一も歌った金屋の石仏

古都奈良をこよなく愛した会津八一。

三輪山南麓の金屋の集落の外れに、重要文化財に指定される金屋の石仏があります。その金屋の石仏を題材にした歌が残されています。

金屋の石仏

二体の金屋の石仏

耳しふと ぬかづく人も 三輪山の この秋風を 聞かざらめやも

金屋の石仏は耳の不自由な人に霊験あらたかとされていますが、そのことを伺わせる歌の内容となっています。「しふ(シウ)」とは、古語における自動詞で、感覚器官が働きを失うことを意味します。名詞としても使われ、目しひ(シイ)、耳しひ(シイ)などと表現します。

スポンサードリンク

耳の病にご利益のある金屋の石仏

会津八一の経歴を辿ると、早稲田で学んでいた時代があります。それだけで何か、会津八一に対する親近感が湧いてくるのです。

関西エリアにも、耳の病気にご利益のあるお寺がいくつか存在します。京都伏見の大光寺、京都大原の来迎院、法隆寺西円堂などが挙げられます。三輪山麓に住まう私にとって、こんな身近にあったとは思いもしませんでした。

金屋の石仏

山の辺の道のルート上にある金屋の石仏。

現在は頑丈なコンクリート造りの収蔵庫に収められていますが、会津八一の歌の情景には、路傍の木立に立て掛けられていた金屋の石仏が浮かび上がります。

野晒し状態の金屋の石仏。

向って左側の弥勒菩薩は、右側の釈迦如来に比べ摩耗が進んでいます。風雨にさらされていたことも一因なのかもしれません。その点、お堂や祠の中に安置されている仏様は幸せです。長い歴史の中で、野晒し状態を乗り越えてきた仏様には頭が下がる思いです。日本最古の仏像である飛鳥寺の飛鳥大仏も、風雨に耐え忍ぶ野晒し期間を経験しています。

山の辺の道のトイレ

金屋の石仏の隣りにトイレが設置されています。

山の辺の道ハイキングの道中、ここで用をたすハイカーの方も多いのではないでしょうか。

耳の不自由な老婆が額を地に付けてお祈りしているのでしょうか。三輪山から吹き付ける秋風を、この老婆が聞いていないなどということはないだろう(おそらく聞いているだろう)という意味になるでしょうか。歌の最後の「やも」は反語で、反意的に強調して締めくくられています。

板状の石に仏像を刻したるもの二枚あり。・・・・路傍の木立に立てかけ、その前に燭台、花瓶、供物、および耳を疾(や)める里人の納めものと見ゆる形ばかりなる錐など置きてありき。

耳の病いの快復を願って納める錐(きり)。

法隆寺西円堂の堂内にも、耳の病気平癒を願って錐が多数奉納されていると言います。

弥勒菩薩

金屋の石仏の弥勒菩薩(推定)。

金屋の石仏は元来、三輪山の南の弥勒谷(ミロク谷)にあったと伝えられます。

弥勒さんの石仏で思い出すのが、飛鳥川の畔にひっそりと佇む弥勒石。

飛鳥の弥勒石は足の不自由な人に霊験あらたかとされます。弥勒石を囲う祠には、たくさんの草鞋が吊り下げられています。なぜ金屋の石仏が耳の悪い人に信仰されてきたのか、その理由は定かではありません。神奈備である三輪山の懐に抱かれながら、長きに渡って庶民の信仰の対象になってきた有り難い石仏です。

金屋の石仏の解説

金屋の石仏の案内板。

会津八一には「南京新唱」という歌集があります。

南京は「なんきょう」と読むようですが、「南都(なんと)」と意味は同じです。奈良の地方銀行にも南都銀行がありますが、南の都が奈良なら、北の都の「北都」は京都を指すようです。時間のあるときにでも図書館へ足を運んで、会津八一の「南京新唱」を紐解いてみたいと思います。