オアフ島の癒し!雨降るマノアの滝

オアフ島のコオラウ山脈南斜面に位置するマノアの滝

「虹の谷」とも呼ばれる場所に、高さ60mの滝が流れ落ちています。

”マノアが雨でもワイキキは晴れ” と言われるように、年間を通して雨の多いエリアとして知られます。8月末に訪れた当日も、出発地点のワイキキは晴れていましたが、辿り着いたマノア滝周辺は土砂降りの雨でした。

バニヤンツリーのトンネル

バニヤンアーチ

マノアの滝へ至るトレイルコース上に突如現れるバニヤンツリーのトンネルです。

枝から無数に垂れる気根が、旺盛な生命力を感じさせます!

スポンサードリンク

虹の女神・カハラオプナの伝説が残るマノア渓谷

マノアの滝の manoa には、「広い」という意味があるようです。

マノア・フォールズ・トレイルの道のりは片道1.3㎞で、およそ30分ほどでゴール地点の滝壺に到着します。最初は舗装された道を歩きますが、徐々に道幅も狭まり、ぬかるんだ地道を辿ることになります。剥き出しのゴツゴツした岩や緑深い原生林の中を歩きます。

マノアの滝にはオプショナルツアーも用意されていますが、今回は個人旅行のため自分たちの脚で向かいました。

マノアの滝

マノアの滝の滝壺。

2002年に滝壺周辺で土砂崩れがあり、残念ながら今は遊泳禁止になっています。

水質にも多少問題があるようで、レプトスピラ症の危険性も示唆されています。マイナスイオンに癒され、つい解放的になりがちですが、くれぐれも滝壺の中には入らないようにしましょう。

マノアの滝トレイルコースの竹

道中では竹林も見られました。

元来、ハワイには竹が生えていません。日本やアジア方面から持ち込まれたものが、原生林の一角を担います。不思議な光景ですが、私たち日本人にしてみればどこかホッとするものを感じますね。

マノアの滝トレイルコースの落書き

木の幹に描かれた落書き。

これはちょっとガッカリしますね。

トレイルコース上の木々に、ハートマークをはじめとする様々な落書きが見られました。京都嵯峨野の竹林や神社仏閣の柱にも刻まれる心無い落書き・・・観光客のマナーが求められますね。

マノアの滝

バス停からマノア・フォールズ・トレイルの入口を目指します。

すごい雨が降ってきました!

入口手前に休憩できるショップがあり、そこへ足を踏み入れます。あまりに雨が強かったため、簡易レインコートを購入することにしました。マノア観光では、服装に注意が必要ですね。

虫除けスプレー注意書き

虫除けスプレーの注意書き。

館内の貼り紙に、” Please Spray All Bug Repellent Outside of Building   Mahalo ! ” と書かれていました。repellent とは忌避剤のことで、要するに bug repellent で虫除け剤のことを意味しているのでしょう。動詞の repel には、撃退するという意味があります。虫除けスプレーは館内ではなく、外で吹きかけてネということだと思います。

最後の mahalo (マハロ)は、ハワイ滞在中によく目にした単語です。ハワイ語でありがとうを意味します。

レインコート

薄手のレインコートを身に纏い、一路滝を目指して出発です。

年間降水量をチェックすると、ワイキキの15倍強は降るというマノアの周辺エリア。

マノアのバニヤンツリー

ここにもバニヤンツリーらしき巨樹が!

Banyan Tree は無花果(イチジク)の仲間なんだそうです。

ベンガルボダイジュという菩提樹の仲間でもあり、大きく横に広げた枝から気根という長い根を垂らします。「支持根」とも呼ばれる気根は、そのまま地面に届くと新しい幹になり木の成長を助けます。根が幹となり、さらに新たな木が育っていくのです。そんなことを幾度も繰り返しながら周囲に拡散していく様子は、無尽蔵の生命力を表わします。長寿や豊饒の象徴とされたのも頷けますね。

マノアの水溜まり

道中の水溜まり。

これはもう、川と化しています。

なぜマノアの滝周辺には雨が多いのか?

どうやらその理由は地形にあるようです。海の湿気を含んだ風がコオラウ山脈にぶつかることで、その麓のマノアに大量の雨が降ります。

マノア・フォールズ・トレイル入口

マノア・フォールズ・トレイルの入口。

水の豊かなマノアには、虹の女神・カハラオプナの神話が伝わります。

言い伝えによると、その昔、マノアの滝にカハラオプナという美しい王女が住んでいました。カハラオプナの父は風の神、母は雨の神で、その娘であるカハラオプナは虹の女神として誕生したそうです。

その美貌故か、許嫁(いいなずけ)の友人に横恋慕され、最後は許嫁によって命を奪われることになります。助けによって幾度も蘇ったカハラオプナですが、その都度、絶命へと導かれる運命を辿ります。終に蘇生することなく命を落としたカハラオプナは、この地で虹になったと伝えられています。

マノア・フォールズ・トレイルの地図

マノア・フォールズ・トレイルの地図。

全行程が入口付近に掲示されていました。

マノア・フォールズ・トレイル入口

ここを入って行きます。

それにしても、雨は止む気配がありませんね。

マノアの森

原始の森が出迎えてくれます!

手つかずの森なのでしょう、鬱蒼と生い茂った緑が雨に煙ります。

マノアの霧雨

カメラのレンズにも容赦なく雨粒が覆い被さります。

ボンヤリした被写体が、マノアに降る霧雨を物語っています。

トゥアヒネ

この霧雨は Tuahine (トゥアヒネ)と呼ばれているようです。

ハワイの街中を走る車のナンバープレートに目をやれば、ハワイを象徴する虹が描かれています。そう、ハワイは虹が綺麗なのです。虹の谷・マノア渓谷には、古来より虹の女神・カハラオプナの悲話が伝わります。

マノア・フォールズ・トレイルの倒木

倒木が横たわっていました。

樹齢は定かではありませんが、かすかに年輪も見えていますね。

マノア・フォールズ・トレイル

レンズが曇ります。

マノアに降る雨のお陰で、臨場感が生まれています。

マノア滝の木の根っこ

隆々と盛り上がる木の根っこ。

足場はぬかるみ、履いてきた靴も既に泥だらけです。

靴下にも雨が沁み込み、すぐにでも脱ぎたい衝動に駆られました。帰りのバスの中では、裸足にサンダルという格好でした。マノアの滝へ行く際には、タオルや着替えの服は持参した方が良さそうです。

マノア滝の川

こんな場所にも出ます。

アラモアナセンターから「マノア・バレー Manoa Valley」行きの The Bus に乗車し、約30分で終点のバス停に到着しました。バスを降りると、既に雨脚はきつくなっています。バス停におられた、おそらく地元にお住いの日本人女性からアドバイスを頂きました。

「雨の日は増水するので、川の方へは近づかないこと」。

その言葉を思い出し、そっと覗き込むだけに留めておきました。

マノア滝の蛙

日本では見かけない蛙も棲息しているようです。

さすがは原生林ですね。

マノア滝の植物

雨に濡れた葉っぱが綺麗です。

大自然の恵みを受け、艶々と光っていました。

混雑する滝壺周辺!標高110mの深い森

マノア渓谷の最深部にあるのがマノア滝です。

滝壺の手前100mほどの場所からも、流れ落ちる滝を視界に収めることができます。

徐々に道は狭く、急な階段も増えて参ります。

最後の方では往来も困難な細い道になります。ゴール地点の滝壺前は面積もさほど広くなく、次から次へとやって来る観光客で混雑します。記念撮影の順番を待って、撮影し終わったら引き返すといった流れです。

マノア・フォールズ・トレイル

マノア・フォールズ・トレイルでは、無料貸与の杖も準備されているようです。

私たちはそのことに気付かず、杖無しで向かいました。

マノア・フォールズ・トレイルの木

四方八方にうねる枝!

どなたかが枝の上に登っておられました。

この行為も、おそらくマナー違反の範疇に入るのでしょう。

マノア・フォールズ・トレイル

これは一体、何の木でしょうか?

米国のテレビドラマ『LOST』や、映画『ジュラシックパーク』のロケ地にもなったというマノア渓谷。アメリカ人の目からしても、この地は貴重な自然遺産として一目置かれているのでしょう。

マノア・フォールズ・トレイル

剥き出しの根っこ。

長い時の流れを感じさせますね。

マノア・フォールズ・トレイル

まだまだ道は続きます。

雨が降っていたせいか、必要以上に先を急いでしまいました。もっとゆっくり、周りの自然を満喫しながら歩きたかったなと思います。でも、強い雨のお陰で蚊に悩まされることはありませんでした。

マノア・フォールズ・トレイルの案内板

所々に案内板がありました。

とにかく、どこもかしこも足元はずぶずぶです。

マノア・フォールズ・トレイルの竹林

竹林!

なかなかシュールですね。

マノア・フォールズ・トレイルの花

名も知れぬ花が咲いていました。

最終地点の滝壺まであと少しです。

マノアの滝

ついに到着しました!

これがマノアの滝です。

勢いよく流れ落ちる滝の周りに、見事な虹が架かっていました。

マノアの滝の記念撮影

右手下方に目をやると、記念撮影の真っ最中でした。

外国人観光客が石の上に立ち、ポーズを決めておられました。

マノアの滝

かなりの水量です。

マノアの滝ですが、滝壺の水質は決して良くはないようです。

レプトスピラ症の恐れがあると言いますから、観光客は心しておかなければなりませんね。

熱帯・亜熱帯地域に多く見られるレプトスピラ症ですが、急性熱性疾患の一つで「レプトスピラ菌」が原因とされます。菌を持つネズミや犬、家畜などの哺乳動物の尿から排泄され、土壌や水を数週間にわたり汚染するようです。

人が感染するのは、皮膚や粘膜からレプトスピラ菌が体内に侵入することによります。レプトスピラ症の流行地域では不用意に水に入らないこと、特に洪水の後には絶対に入らないことが重要とされます。

マノアの滝

それにしても美しい!

見るだけに留めておくのが ”吉” ですね。

カハラオプナの伝説と共に、ハワイの人の心に長く居座り続ける名瀑です。

落石注意

落石注意の看板。

ここから先へは立ち入らないように、とのお達しです。

アイフアラマ・トレイル

滝の手前を左折するルートがありました。

アイフアラマ・トレイルというコースが続いているようです。

ここへ来る途中に川が流れていましたが、その川の名前を Aihualama Stream と言います。今回はさすがに時間に余裕が無く、別のトレイルコースへ向かうことはありませんでした。アイフアラマ、是非次回はトライしてみたいですね。

マノアの滝

普段よりも水量は多い方だと思われます。

これだけ雨が降っているのですから、当然と言えば当然ですね。

マノア・フォールズ・トレイル

どこを切り取っても絵になります。

上りと下りで行き交う人々と声を掛け合いながら、安全第一に帰路を辿ります。

マノア・フォールズ・トレイルの風景

このプリミティブな雰囲気に癒されます。

雨もまた良し、そう思わせてくれる魅力がマノアの滝にはあります。

道路標識

ROAD NARROWS の道路標識。

やっとの思いで麓の方まで下りて来ました。

不思議と、晴れていれば良かったのになとは思いませんでした。

ずぶ濡れのマノアの滝!

オアフ島での貴重な体験レポートでした。