良忍上人像と経箱!大念佛寺の経堂

大念佛寺の本堂右手前にある経堂。

第46世の大通上人(だいつうしょうにん)の創建で、元禄年間の建築です。白壁の外観が境内によく映えます。

お堂の中心には経箱(きょうばこ)が置かれ、回転させる構造になっていました。

大念佛寺経堂

大念仏寺の経堂。

お堂の前には、大念仏寺の開基である良忍上人の略歴が記されています。

スポンサードリンク

聖應大師像を祀るなにわ七幸第四番霊場

大念仏寺の経堂には良忍上人こと、聖應大師(しょうおうだいし)の像が安置されています。

大念仏寺は大阪を代表する神社仏閣の7つのご利益を巡る『なにわ七幸めぐり』の霊場に指定されています。堺屋太一氏の提唱で始まった聖跡巡礼で、大念仏寺の他にも大阪天満宮、住吉大社、今宮戎神社、太融寺、四条畷神社、四天王寺が名を連ねます。

良忍上人像

経堂の良忍上人像。

声明の達人であった良忍上人らしく、何かを唱えているような御姿です。

大念佛寺のお守り

大念仏寺のお守り。

本堂内で購入しました。

太念仏寺経堂

背後から経堂を見ます。

左手に見えている建物は、地蔵堂と円通殿ですね。

太念仏寺経堂

立派な灯籠が建っています。

経堂前には木のベンチが置かれ、静かな時間を過ごすことができます。

季節は冬で、ベンチの下には銀杏の葉がたくさん落ちていました。

太念仏寺経堂

お正月の橙(だいだい)が飾られていますね。

彫刻の意匠も目を見張ります。

鄙びた雰囲気を醸す経堂は、広い境内でも一際異彩を放っていました。