橘寺の五重塔跡

橘寺の五重塔跡

橘寺の五重塔跡。
五重塔の心礎が境内に残されています。

橘寺は聖徳太子生誕の地と伝えられます。

法隆寺にも五重塔があるように、橘寺にも五重塔があったんですね。
現存すれば、約38m余りの五重塔が建っていたことになります。

橘寺の前にある川原寺跡から見れば、少し小高い場所に橘寺はあります。そこに五重塔が建っているとすれば、存在感抜群の名所にもなっていたでしょうね。

スポンサードリンク

そえ柱孔の見られる五重塔心礎

橘寺五重塔跡の案内板

五重塔跡のガイド。
正門である東門から入ってすぐ左側にあります。
鐘楼の向こう側です。

それにしても珍しい形をした心礎ですよね。

角度を変えれば、ミッキーマウスのようにも見えてきます(笑)
直径90cm、深さ10cmの柱の入る孔。その円孔の三方に半円形の孔が掘られています。
この小さな孔は「そえ柱孔」であると言われています。

橘寺の鐘楼

橘寺の鐘楼。
五重塔跡の横にあります。

1148年の雷火で五重塔は焼失したと伝えられます。
お釈迦様の遺骨を納めた塔。お寺の伽藍の中でも最も重要な位置を占める塔。
橘寺の往時の姿が偲ばれます。

Tags: