桜井泊まってエンジョイキャンペーンプラス!宿泊者限定クーポン

今年も桜井泊まってエンジョイキャンペーンが始まります。

キャンペーン期間は令和4年9月1日(木)~令和5年2月28日(火)までとなっています。

対象者は桜井市内の参加宿泊施設にご宿泊頂いた小学生以上のお客様で、先着8千人泊となります。予算が尽き次第、打ち切りになるようです。前回もそうでしたが、年内にキャンペーン終了となる可能性はありますね。

桜井泊まってエンジョイキャンペーンプラスのクーポン券

額面1,000円のクーポン券が5枚綴りになっています。

お一人様につき、5,000円分のクーポンが配布されます。観光振興券ですので、市内での飲食や土産物購入に使用できる仕組みです。

桜井泊まってエンジョイキャンペーン!太っ腹のクーポン券配布
※配布期間は10月26日(月)チェックイン分までとなりました。 人気のクーポンだったようで、早々と配布終了となります。10月21日付で事務局より連絡がありました。有効期間は当初の予定通り2月28日までですので、是非また奈良県桜井市へお...

スポンサーリンク

受領証兼受取事項承諾書へのサインが必須

ご宿泊頂くお客様は、ただお泊り頂くだけでOKというシステムのようです。

いまならキャンペーン2022プラスのように、コロナワクチンの接種証明や陰性証明は不要です。他のキャンペーンとの併用も可能です。ただ2点だけ注意事項がございます。

桜井泊まってエンジョイキャンペーンプラスクーポン

本人確認書類のご提示と、受領証兼受取事項承諾書へのサインです。

本人確認書類とは保険証、マイナンバーカード、パスポート、運転免許証のことを指します。小学生の方も含め、それぞれにいずれかの本人確認書類をご提示下さい。その後、受領証兼受取事項承諾書へのサインをして頂くことになります。

ある意味、このサインが前回の失敗を繰り返さないための方策と言えるのでしょう。

前回のキャンペーンでは、桜井市内の宿泊施設に連日泊まり歩き、多額のクーポン券を手にされたお客様も見受けられました。ちょっと残念なことですが、実際に起きた事として反省する必要があります。制度の穴を突いた錬金術は、見ていて気持ちの良いものではありません。なるべく恩恵の格差が出ないよう、出来るだけ多くの方々にご利用頂きたいと思います。

クーポン登録店ポスターと登録店ステッカー

チェックイン時にお渡しする案内チラシ。

クーポン登録店ポスターと登録店ステッカーが紹介されています。

チラシの裏面には、クーポン券の利用対象施設一覧がずらりと出ています。量販店やガソリンスタンド、タクシー会社さんも参画なさっているようです。

受領証兼受取事項承諾書

受領証兼受取事項承諾書。

居住地やクーポン券受領冊数を記入する箇所が設けられています。

今回の宿泊キャンペーンですが、対象者に赤ちゃんは含まれていません。前回に比べ、対象者の幅が狭められています。奈良県外の方はもちろん、桜井市民でもご利用頂ける点は前回を踏襲しているようです。

クーポン有効期限も大きな特徴の一つです。

いまならキャンペーン2022プラスの地域クーポン有効期限は、チェックイン日からチェックアウト日までです。その反面、桜井泊まってエンジョイキャンペーンプラスは、来年度の2月28日まで有効となっています。

もう一度、桜井市にお越し頂きたい。

再訪を促すメッセージであることがうかがえますね。今後のリピーター獲得につながることを願い、今回も参画致します。当館大正楼はクーポン券の配布ステーションとして機能致します。役割をクーポン券の配布に限定し、館内での飲み物代のご利用は不可と致します。

ご利用頂く皆様方に、純粋に桜井市の観光をお楽しみ頂けるよう、運営側の事務局さんにもお願いしていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました