風薫り、山滴る初夏!

山滴る(したたる)初夏がやって参りました。

季節は巡り、山の緑も日を追うごとに濃くなってきます。日中の気温もぐんぐん上がり、汗ばむ陽気が続きますね。

初夏の明日香村

初夏の明日香村風景。

蓮華畑の向こうに甘樫丘を望みます。

爽やかな初夏の風を「薫風(くんぷう)」と表現します。

薫風、実に綺麗な言葉です。夏吹く南風、どことなく良い香りのする風・・・風薫る初夏の到来を予感させます。

スポンサーリンク

山で表現する四季!清冽な水をイメージする初夏

四方を山々に囲まれた奈良盆地。

海無し県の奈良県には海は無くとも、山や川がたくさんあります。

奈良のスターバックス

奈良県庁横のスターバックス。

日本の四季を山で表現するなら、山笑う春山滴る初夏山装う秋山眠る冬となります。

初夏の垂仁天皇陵

奈良市の垂仁天皇陵。

山滴る・・・清冽な水を連想させる言い回しですね。

滴(したた)るとは、「下垂る」の意味で、水などが滴となって垂れ落ちる様子を言います。

新緑に水が滴り落ちる映像が頭に浮かびます。初夏の代名詞である”鮎”にもよく似たイメージが重なります。