結婚披露宴

スポンサーリンク
大神神社結婚式 披露宴

婚礼ラッシュ10月の大神神社結婚式

毎年のことですが、10月は婚礼の多い一ヶ月となります。 暑くもなく寒くもなく、ちょうど良い気候の秋に結婚式を挙げるカップルは数多くいらっしゃいます。その中でも10月は突出してお問合せの件数が多い月柄となります。なぜでしょうか?大神神社...
奈良観光

ジャンボタクシー予約で奈良観光へ

冠婚葬祭の増加に伴い、ジャンボタクシーの問合せが増えて参りました。 大神神社、石上神宮、橿原神宮の結婚式、それに法事のご用命も今後の増加が見込まれます。 そこで、当館最寄りの日の丸交通さんにお邪魔して来ました。 普段から中...
大神神社結婚式 披露宴

桜ケーキが春を彩る挙式

4月第2週の週末に結婚披露宴が行われました。 この日は奇しくも3組のご会食が重なりました。新年度に改まり、4月の第一週は何かと皆様も忙しいタイミングに当たります。そのためか、第二週の週末に挙式後の食事会が重なって参りました。前々日ぐら...
大神神社結婚式 披露宴

結婚式食事会に蕪のタラコ餡掛け

紅白の色合いが映えるお料理。 大神神社の結婚式後の食事会に、お祝い料理の一品として蕪のタラコ餡かけをお出し致しました。 蕪のタラコ餡かけ。 鰹と昆布のお出汁で蕪と薄揚げを煮ます。そのまま一晩お鍋の中で寝かせて、旨味...
大正楼料理

菜の花と切らずの稲荷寿司

日の出の時間も早まり、少しずつ春めいて参りました。 細胞を目覚めさせる苦味が持ち味の春野菜も出回り始めます。結婚式の食事会に、春を感じさせる菜の花とおからの稲荷寿司をお出し致しました。 菜の花とおからの稲荷寿司。 ...
大神神社結婚式 披露宴

婚礼料理に蓮芋のコンポート

大神神社の結婚披露宴に蓮芋のコンポートをお出し致しました。 蓮芋(はすいも)とはずいき専用種で、別名を「青ずいき」と言います。里芋の葉柄部分を食するわけですが、切り口に蓮根のような穴があるのが特徴です。 蓮芋と葡萄のコン...
日本語の意味

はなむけの語源

餞(はなむけ)の語源を解説致します。 旅立つ人の馬の口を取って、旅立つ方向に向けてやったことから、旅立つ人や別れる人に贈る品物・詩歌の類を餞(はなむけ)・餞別(せんべつ)と言いました。お見送りの際の「馬の鼻向け」がはなむけの語源とされ...
日本語の意味

披露宴の語源

披露宴という言葉の語源はどこから来ているのでしょうか。 披露宴とは、新たな二人の門出を「広める+宴」に由来しています。披露宴には親類縁者、上司や先輩後輩、先生友人方に二人の旅立ちを広めて、幸せな結婚を祝うという意味合いがあります。披露...
大神神社結婚式 披露宴

柿と烏賊の燻製大和茶仕立て

大神神社結婚式の後のお食事会に、燻製料理をお出し致しました。 噛むと煙の香りが鼻に抜ける燻製料理は、その味わい深さで他の追随を許しません。 柿と烏賊の燻製。 燻製の材料は主に大和茶とざらめを使っています。
大神神社結婚式 披露宴

幸せの意味に浸る大神神社結婚式

幸せって何だろう? 古くて新しい命題に、古今東西に渡り様々な人々がその見解を述べてきました。言霊の国として栄えた我が国日本では、既にその疑問に対して映像を伴った明快な答えを見出していたのです。 幸せを意味する「さきはひ」...
スポンサーリンク