taishoro

スポンサーリンク
奈良観光

四股を踏む力士が出迎える相撲館

日本の国技である相撲の歴史を辿ると、当麻蹴速という人物に付き当たります。 当麻蹴速(たいまのけはや)。 近鉄当麻寺駅を下り、西方向にある當麻寺へと続く道を歩いて行きます。 国道へ出る手前右側に葛城市相撲館けはや座はあります。 ...
奈良観光

当麻寺参詣

當麻寺を参詣。 當麻寺は二上山の麓にあるお寺で、境内からは来世の極楽往生を願う人々の思いが伝わって参ります。 當麻寺仁王門。 にらみを利かしているのは、阿相の仁王像。 仁王門からは額縁で切り取ったように二上山が見...
奈良観光

飛鳥資料館の石造物

飛鳥資料館の石造物レプリカをご案内致します。 飛鳥資料館の正門を入ると、すぐ目の前に庭が広がります。 その庭の中に石造物レプリカが配置されています。 あくまでもレプリカですから、本物に出会うためには明日香村に散在する現...
奈良観光

日本三大両界曼荼羅の国宝・子嶋曼荼羅

高市郡高取町観覚寺にある子嶋寺をご案内致します。 高取城の遺構でも知られる子嶋寺ですが、何と言っても最大の見所は子嶋曼荼羅ではないでしょうか。 春先の子嶋寺。 阿部山にあるキトラ古墳を見学した後、子嶋寺に参詣して参...
奈良観光

明日香村稲渕

明日香村稲渕のバス停。 明日香村稲渕っていえば、勧請綱掛神事や飛び石で有名ですよね。 飛鳥川に架け渡される勧請縄の男綱~毎年成人の日になると、1年間の役目を終えた旧男綱から新しい男綱に架け替えられる神事が執り行われます。飛鳥...
日本語の意味

三千世界とは

三千世界とは何を意味する言葉なのでしょうか? 三千世界の解説に移る前に、まずは須弥山(しゅみせん)について記しておきます。 飛鳥資料館の庭にある須弥山石のレプリカ。 仏教の世界観では、世界の中心に須弥山という高山が...
日本語の意味

同行二人でお遍路

同行二人とは、お遍路さんの仏教用語です。 同行二人と書いて、「どうぎょうににん」と読みます。 桜井市にある長谷寺。 長谷寺の仁王門に、お遍路さんが残して行ったであろう草鞋が吊るされていました。 お遍路さんは金...
奈良観光

飛鳥の弥勒石

飛鳥の弥勒石。 飛鳥寺の南に広がる一帯を真神原といいます。 真神原の風景は朝鮮半島の慶州に似ている・・・ 「百寺巡礼」の中で五木寛之氏がおっしゃっています。 飛鳥を形容する言葉に、”日本の原風景”というフレーズがよく...
奈良観光

明日香村の飛鳥資料館を見学

飛鳥資料館の石人像。 先日、久しぶりに飛鳥資料館へ行って参りました。 ゴールデンウィーク明けには特別展が催され、多くの人で賑わいを見せる飛鳥資料館ですが、さすがにオフシーズンの平日とあってとても静かでした。 県道15号...
奈良観光

室生寺のアクセス

女人高野室生寺。 山深い地にある室生寺へのアクセスは、室生寺の四門と呼ばれるお寺からその寺域へと入って行きました。 今となっては昔の話ですが、厳しい自然の中に溶け込む室生寺ならではの伝説ですよね。 現在の室生寺への...
スポンサーリンク