taishoro

スポンサーリンク
奈良観光

花のみてら長谷寺を彩る牡丹

長谷寺の牡丹。 花のみてらとして知られる長谷寺が、牡丹の見頃を迎えようとしています。 長谷寺に開花する紫色の牡丹。 言葉にすると、途端に色褪せてしまいそうなほどの美しさ。登廊の両脇や、本坊(大講堂)に綺麗な牡丹が咲...
奈良観光

春日大社の砂ずりの藤2009

春日大社の名物、砂ずりの藤を見てきました。 4月下旬ということで、まだ見頃には少し早かったと思われますが、それでも十分に美しい藤を堪能させて頂きました。 春日大社の砂ずりの藤。 釣り燈籠とのコントラストが映えます。...
奈良観光

卑弥呼を演出する春の花

卑弥呼と春の花。 桜井市の箸墓古墳が花に彩られる季節・・・春先の箸墓古墳はとても綺麗でした。 邪馬台国の女王卑弥呼の墓ではないかと云われている箸墓古墳。 左後方には神奈備三輪山が見えます。
奈良観光

安倍文殊院のボケを観賞

安倍文殊院のボケの花を見に行ってきました。 ボケ(木瓜)は、低血圧に効果があるとされる「ぼけ酒」で知られる花です。 安倍文殊院のボケ。 安倍文殊院は大和ぼけ封じ霊場としても有名なお寺です。 ボケはバラ科の花で...
奈良観光

東大寺転害門

東大寺転害門をご案内致します。 国宝に指定されている転害門。読み方は”てがいもん”です。 東大寺転害門。 門前の石標には「史跡東大寺旧境内」と刻みます。ちょうど一条通り(佐保路)の東端に位置していました。転害門とい...
奈良の仏像ガイド

毘盧遮那仏とは

毘盧遮那仏とは、一体どんな仏像を意味するのでしょうか? 毘盧遮那仏で一番有名なのは、東大寺の大仏様です。 東大寺の大仏。 仏像にも色々種類がありますが、東大寺の大仏は毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)と呼ばれる仏像です。...
奈良の仏像ガイド

広目天を東大寺に拝観

東大寺大仏殿の広目天をご案内致します。 四天王の中の一つである広目天。 大仏殿の中に入ると、真正面に東大寺大仏(盧舎那仏)が現れます。 参拝順路は時計方向に回って行くのですが、大仏の次が虚空蔵菩薩、そしてその次が広目天となります。...
奈良観光

東大寺の拝観料

東大寺。 言わずと知れた奈良を代表する観光名所です。 東大寺の大仏。 拝観料の500円を払って、久しぶりに大仏殿の中へ入りました。 やっぱり大きい奈良の大仏様。規格外のスケールで迫ってきます。 顔の長さだけでも...
館内案内

春先に開花するモクレンの花

旅館の裏庭にモクレンの花が咲いています。 白い木蓮。ハクモクレンですね。 紫色のモクレンもよく知られていますが、白いモクレンも綺麗です。 春を告げる観賞用の花です。 原産国は中国で、中国での漢字表記は木蘭となっていま...
奈良観光

四股を踏む力士が出迎える相撲館

日本の国技である相撲の歴史を辿ると、当麻蹴速という人物に付き当たります。 当麻蹴速(たいまのけはや)。 近鉄当麻寺駅を下り、西方向にある當麻寺へと続く道を歩いて行きます。 国道へ出る手前右側に葛城市相撲館けはや座はあります。 ...
スポンサーリンク